作品

介護される方の気持ちになって、各者様のご要望に応じた相談を承ります。

介護

手摺を基本に 水廻りなどの改修も行います。専門の担当者が現地に伺い、お施主さまとご相談のうえ提案させて頂いております。

便器取替・手摺取付工事

↑リフォーム後

↑リフォーム前

屈む必要のあった和式便器から、座る事のできる洋式便器へと変更。ゆったりと落ち着ける様に、向きも変えてあります。移動や立ち座りのささえに、手摺も設けてあります。

手摺取付工事

↑リフォーム後

↑リフォーム前

段差が大きく 手を掛けられるところも無かった階段に手摺を取り付けました。
コンクリートの壁を利用して、しっかりと壁に取り付けてあります。
段部分だけでなく もう少し延ばすことで、無理の少ない動線を意識しています。

スロープ新設工事

↑リフォーム後

↑リフォーム前

玄関横の縁側に スロープを設けました。
縁側の窓を介して、段差をなくしたバリアフリーの床となっています。
沓脱石や飛び石を配することで、ウッドデッキの趣きにもできたようです。

階段手摺取付工事

↑リフォーム後

↑リフォーム前

階段へ手摺を取り付けました。
上り下りが楽になるばかりでなく、転倒事故などを予防する 助けになってくれると思われます。
手摺の下地補強に 板を取り付けていますが、白さの強調される壁のアクセントとして、自然な納まりとなりました。

便器改修・手摺取付工事

↑リフォーム後

↑リフォーム前

費用をかけずに、一瞬で和式便器から洋式便器になる 福祉用具購入支給対象商品です。
認定を受けている方は1割負担で買えるのが嬉しいですね。
手摺も利用者さんの症状に合わせて 自在に組み合わせることができるので、相談しながら この形状になりました。

浴室手摺取付工事

↑リフォーム後

↑リフォーム前

浴室は一番事故の多い部屋です。
そのため、動作するのに不安な箇所である 洗い場での立ち座り・浴槽へのまたぎ、浴室内での立ち座りそれぞれに手摺を取り付けました。
これで介護される方も介護する方も、以前より安心できる入浴時間がおくれるようになりました。