事業内容

HATTORIのこだわり ― とにかく自由な家づくり

  • 1.  好きをカタチにする
  • 2.  暮らしを考える
  • 3.  安心を届ける
3. 安心を届ける ― 断熱仕様
お客様にご安心いただける「HATTORIの断熱標準仕様」をご紹介いたします。
ご要望やご予算に応じて仕様の変更も承りますのでご安心ください。
壁・天井には[ 高性能グラスウール16K ]
断熱性・不燃性・耐久性・防蟻性・コストパフォーマンスに
優れている素材「高性能グラスウール16K」を採用して
おります。さらに、断熱材の室内側に、透湿性の少ない
防湿性能を有する材・層を設け、断熱材の室外側には、
透湿性・防風性・防水性を有する材・層を設けて、その
外側に通気層等の措置を講じることで、壁内で発生する
結露の防止もしています。
高性能グラスウール16K
屋根・床には [ フェノールフォーム成形板 ]
屋根・床に採用しているフェノールフォーム成形板には旭化成の「ジュピー」を採用しております。
ジュピーの基本性能をご紹介いたします。
高い断熱性
熱伝導率が世界最高レベルの0.020W / (m・K)
ですので、薄くても等級4を実現できます。
環境性能
環境にやさしいノンフロン発泡の断熱材です。
グリーン購入法の適合商品にもなっています。
長期断熱性能
他の断熱材に比べて経年劣化が極めて少なく、
高い断熱性能が長く続きます。
安全性
素材は、熱に強く燃えにくいフェノール樹脂。
ホルムアルデヒド放散等級は、F☆☆☆☆で
4VOC基準にも適合しています。
ジュピーの断熱性能( 熱伝導率 )比較 [ W/(m・K) ]
ジュピーの断熱性能比較
夏も冬も快適な[ Low-e複層ガラス ]を採用
Low-e複層ガラス
熱の出入りが最も多いのは、窓やドアなどの開口部から
です。冷暖房の無駄を省き、効率よく利用するためには
窓への対策が重要です。HATTORIでは、ガラスに遮熱と
断熱の機能を発揮する「Low-E複層ガラス」を採用して
おります。Low-Eガラス(Low Emissivity =低放射)とは、
板ガラスの表面に、酸化スズや銀などの特殊金属膜を
コーディングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の
反射率を高めています。
このため、Low-Eガラスを複層ガラスに使用することで、
中空層の放射による熱伝達を低減し、高断熱性能を実現
させます。また地域に応じて遮熱タイプと断熱タイプを
お選びいただけます。
Low-e複層ガラス比較
外壁には透湿・防水に加えて遮熱機能を追加
外壁の断熱には「遮熱シート」を採用しております。
遮熱シートは、外壁材の放射熱をアルミ蒸着膜で反射
することで、断熱材が吸収する熱が大幅に減り、内壁
を通した室内側への熱の浸入も減少します。また特殊
保護層により遮熱機能において高い耐久性を保持し、
さらに、多層構造なので強度が上がり、施工中のタッ
カー穴に対する止水性も向上します。
遮熱機能
お問合せ建築に関するお問い合わせはこちら
株式会社 服部工務店 愛知県名古屋市南区芝町181-1
Tel 052-821-6266 / Fax 052-821-6269
営業時間 9:00-17:30 / 定休日 第2・4土曜、日曜、祝日
お問合せ・資料請求